暮らしのネット活用術

ドキュメンタリー好きによるおすすめ番組紹介。動画配信サービス、ネットサービスなど暮らしに役立つ情報をお届け

NHK ドキュメント72時間

ドキュメント72時間「渋谷郵便局 街角の“平成史”」が面白い!再放送はいつ?見逃し動画の配信を観るには?

2019/06/15

6月7日(金)のドキュメント72時間は平成から令和に変わる都会の24時間営業の郵便局で72時間定点観測!

「渋谷郵便局 街角の“平成史”」が放送されました。

再放送・見逃し配信

放送
2019年6月7日(金) 午後10時50分

再放送
2019年6月15日(土)午前11時25分~

見逃し配信
見逃し動画はU-NEXTで配信中!

1話108円で視聴することができますが、以下よりU-NEXTに初回会員登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント!

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間トライアル実施中!

放送内容

今回の舞台は平成から令和にかけて、24時間営業の渋谷郵便局。

平成が終わる2日前の4月29日から撮影はスタート!

時代の節目に、人々は郵便局からどのようなものを送るのか?

好きなマンガが一緒でSNSで毎日連絡を取っているけど顔を合わせるのは2回目だという3人組がいた。

その中の一人は自分で自分にハガキを書くという。

時計の修理の依頼をする女性
急に大きな病気になってお気に入りの時計が合わなくなったという。
病気になって「死ぬんじゃないか」という恐怖で時間がすごく気になるようになった。

フロアの真ん中に置かれた長い作業台でそれぞれの発送作業をする人たち

自分の写真集を送るラジオパーソナリティの女性

月に50枚以上懸賞ばがきを送る67歳の男性

山盛りの段ボールを送る美容室で働く22歳の男性

様々な人たちが行き交う郵便局。

平成最後の日

メルカリでの発注作業をする男性
価格交渉にハマっているという。

平成最後の消印を求める人たちも次々と

自分宛ての手紙を書いているという女性がいた。
平成から令和に受け継いでいきたいものと受け継ぎたくないもの
今の気持ちを残しておくために。

猫耳にパープルのウイッグ、ド派手なジャンパー、長個性的なファッションのアパレルショップで働く女性。

しかし、意外にも自分が何が好きなのかがわかるまでは遅かったと言う。

そんな彼女を変えたものがあった。

バッグから出てきたのは意外なもの。

大江健三郎「懐かしい年への手紙」

すごい落ち込んでいるときでもこの方の文章を読むと笑っちゃう
「私ここいていいんだ」と思える、それで居場所が見つかった。

小説家にあこがれて文学や哲学を勉強した。

新潮の新人賞の最終候補まで残ったと言う。

そして令和へ。

令和元年5月1日、一番乗りで郵便局にやってきたのは83歳の男性
記念切手を買いに来た。
これまで収集したのはなんと1万2千シート

女房には「もう よしなよ」と言われる、と笑う。

笑顔がかわいいおじいちゃん。

子どもたちに手紙を書く女性。
改元のニュースを見ていてもたってもいられなくなって立ち寄ったという女性。

3人の子供たちに手紙を書くという。

一人娘は生後しばらくしてダウン症だとわかった。
2人のお兄ちゃんが支えてくれた。

今は独立した2人のお兄ちゃんとこれからもずっと一緒に過ごしていく娘、

そのお母さんの

「私にとっての平成は子育ての充実した日々だったので、今度令和は子どもたちによって充実した幸せな日々であってほしいな」

という言葉が素敵だった。

視聴して
渋谷という土地柄からか、いつも以上に個性的な人々が集まった今回のドキュメント72時間。本当にいろんな人がいてそれぞれの人生を生きているんだなということが伝わってくる名作回でした!
特にインパクトが大きかったのはやはり、猫耳のアパレルショップの女性。
彼女の話を聞いたら大江健三郎さんの本を読んでみたくなった。実際にアマゾンをのぞいたらいきなり「懐かしい年への手紙」がベストセラーになっていて品薄で発送に2~3日かかるとのこと。みんな考えることは一緒なんだな~(笑)

見逃し動画はU-NEXTで配信中!

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間トライアル実施中!

-NHK ドキュメント72時間