暮らしのネット活用術

動画配信サービス、宅配サービス、ネット投資、ネット買取サービスなど暮らしに役立つ情報をお届けします

海外ドラマ

「ゲーム・オブ・スローンズ」あらすじ Huluにて第1章がよくわかる解説番組配信中!

2016/04/09

アメリカからやってきた超大作ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」
数あるHuluの海外ドラマの中でも今最も注目度の高いドラマといって間違いないでしょう。

gameofthrones_title


ただ、最初何も知らずに見始めてしまうと1話を見ただけでも、登場人物の多さや色々な国の人が出てきてあまりの複雑さに面食らってしまうかもしれません。

ただ、この登場人物の多さはあらかじめ狙ったもので、これらの7つの国のそれぞれの人物が複雑に絡み合い、陰謀、裏切り、副主など今度さまざまな物語の土台となっていく設定となっているのです。

私も1話を見終わった時はあまりの人物の多さに、理解できるだろうかと面食らいましたが、大丈夫です!Huluでは現在ゲームオブスローンズの解説番組が配信されていて、短いながらも初めての方が見てもわかりやすいようにまとめられているので見るのをおすすめします。

それが「ゲーム・オブ・スローンズ」実況SP!! 特別編集版という番組で自身もゲームオブの超大ファンだというデーブスペクターさんがナビゲーターを務めます。ここでは主要な部分をご紹介したいと思います。

[colored_box color="green" corner="r"]7つの国の玉座をめぐる争い[/colored_box]
gameofthrones_kaisetsu1

7つの国が集まる七王国。それぞれの国にそれぞれの民族が暮らしてしますが、その7王国の頂点でもある鉄の玉座をめぐる争いが始まります。

まず序盤で抑えておきたい重要人物はこの3人!

gameofthrones_kaisetsu_ned gameofthrones_kaisetsu_robertou gameofthrones_kaisetsu_sasei

あらすじ
北の平和な国の領主スターク家のネッドの元に悲しい知らせが届いた。「王の手」と呼ばれる王国の影の実力者でもあり、ネッドの父親同然の人物の訃報だった。七王国を治めるバラシオン家のロバート王がネッドを訪ねてきてネッドを新たな「王の手」に任命した。一方七王国の王妃でロバート王の妻であるラニスター家のサーセイ。政略結婚で結ばされた2人の間には愛情はなかった。
「一族で無い者は皆敵」サーセイの陰謀がネッドや王国を混乱に巻き込んでいく。

解説
ネッドとロバート王は幼馴染で親友です。ネッドの家族はみな誠実な人物。一方ロバート王と結婚したラニスター家のサーセイ。ロバート王とサーセイは政略結婚だったためとっくに愛情は冷めきっています。サーセイ自身もずるがしこい人物で
ネッドとロバート王は友好関係を築いていますが、ネットのスターク家とサーセイのラニスター家は対立しています。

[colored_box color="green" corner="r"]対立する両家[/colored_box]

 スターク家
誠実で真面目な領主ネッドが治める北の王国。ネッドはロバート王とは親友。「王の手」に任命されたことによって混乱に巻き込まれていく。
ネッドと妻キャトリンの間には5人の子供がいた。ネッドには落とし子である  という息子もいる。

ラニスター家
七王国一裕福な一族で自由奔放でずるがしこいところがある。
長女サーセイ
長男
次男ティリオン 頭が良くて小男

初回から強烈なインパクトを残すのが小男のティリオン、ラニスター家の次男。
ロバート王と愛情が冷めきっているサーセイは長男と肉体関係を持っていたりしてもう初回からドロドロです。

最初この物語ラニスター家の一族がスターク家を訪ねてくるところから始まります。

1話からたくさんの人物がでてくるのでこの人は何家のどんな身分の人物なのか?などよくわからないですが、スタークの家族とラニスター家の家族があってそれぞれの面々を覚えておけば2話3話と進むうちになんとなくわかり始めるかと思います。

私も人物覚えるの実は苦手なんですが、この登場人物の多さこそがこのドラマを面白くしているので、まずは人物の関係や特徴をだいたいでいいので把握してしまうと世界観に入りやすくなるかと思います。

まずは第1話を見てその壮大な雰囲気をご堪能ください!

圧倒的な映像美
裏切り、復讐などの絡み合う人間模様
多彩な登場人物
鉄の玉座をめぐる争い
さらにファンタジーの要素も満載で

超大作映画並みのスケールのドラマとなっています。

>>Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

※番組は配信終了する場合がありますのでご了承ください。

-海外ドラマ