暮らしのネット活用術

ドキュメンタリー好きによるおすすめ番組紹介。動画配信サービス、ネットサービスなど暮らしに役立つ情報をお届け

NHK クローズアップ現代+

クローズアップ現代+「住宅ローン破綻 サラリーマン危機最前線」の再放送や動画の見逃し配信を見るには?任意売却の現場に密着!

2019/06/01

5月14日(火)のクローズアップ現代+は「密着!住宅ローン破綻 サラリーマン危機最前線」が放送されました。

今、収入が安定しているはずのサラリーマンの住宅ローン破綻が増えています。

原き方改革による残業の減少
子どもの教育費用の上昇

転職や不動産投資の失敗

さまざまな事情により払えると見込んでいたローンを払えなくなった人たち

そのような中で、住宅ローンが払えなくなった人の駆け込み寺とも言われる「任意売却」

14日放送のクローズアップ現代+はサラリーマンの「住宅ローン破綻の現実」と「任意売却」の相談現場に密着します。

再放送・見逃し配信

放送
2019年5月14日(火) 22時00分~22時30分

再放送
「クローズアップ現代+」はその週に放送された中から反響の大きかった回を毎週1つピックアップして金曜日の深夜に再放送しています。

今回の選では「住宅ローン破綻 サラリーマン危機最前線」が放送されることになりました。

クローズアップ現代選
2019年5月17日(金)25時40分~26時10分

見逃し配信
再放送も見れなかったという方、今すぐ動画を見たいという方はオンデマンド配信で視聴することもできます。
見逃し動画は放送日より2週間限定で配信中!(5/28まで)

1話108円で視聴することができますがU-NEXTに初回会員登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント!

そのポイントを使って視聴できます。

※配信は終了しました。

放送内容

14日のクローズアップ現代は「任意売却」の相談現場に密着!

取材を通して浮かび上がってきたのは、収入が安定しているはずのサラリーマンに忍び寄る危機の実態。

働き方改革により残業代が減少
不景気による手取り収入の激減、ボーナスカット

基本給だけでは足りない現実。

転職したものの収入が大幅に減ってしまった
副業で始めた不動産投資で思うような収入が得られない

さまざまな事情により住宅ローンが払えなくなる人が近年、急増。

住宅ローンが払えず、滞納が続くと家は差し押さえられ、強制的に売却されてしまいます。

「競売だけはなんとか避けたい」

しかし、競売を避けるためにはローンの残高を払うしかありません。

競売で家を失うのは避けたい、でも住宅ローンは払えない・・・

そのような人の駆け込み寺となるのが任意売却です。

番組では
残業代減少により住宅ローンを5ヶ月滞納し督促状がきた40代の男性
同じく残業代減少で年収が500万円減った40代後半の男性
転職により手取り収入が激減し、4カ月住宅ローンを滞納している54歳
不動産投資の失敗により、毎月8万円の赤字となった45歳の営業マン

など4名の方の失敗談をもとに、解決方法を探っていきます。

さらに

転職ブーム(売り手市場)
不動産投資ブーム

と言われる中、深く情報を集めず容易に飛びついてしまうことへの危険性も指摘。

「借りられる額と返せる額は違う」
「家賃並みの返済はNG」

など、今後住宅ローンを組む際に気をつけるポイントなども紹介。

家計再生プロの処方箋も交えサラリーマンに忍び寄る危機の最前線を伝える。

出演者はNewsPicks副編集長・佐藤留美さん、ファイナンシャルプランナー・深田晶恵さん

※配信は終了しました。

※「クローズアップ現代+」は放送より2週間限定配信です。「住宅ローン破綻 サラリーマン危機最前線」の配信は終了しました。U-NEXTでは放送より2週間以内の「クローズアップ現代+」を配信しています。(権利などの関係上、配信されない回がある場合もあります。)

以下よりU-NEXTに会員登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント!

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間トライアル実施中!

※この記事の内容は2019年5月15日時点での情報となります。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。

-NHK クローズアップ現代+