暮らしのネット活用術

ドキュメンタリー好きによるおすすめ番組紹介。動画配信サービス、ネットサービスなど暮らしに役立つ情報をお届け

NHK クローズアップ現代+

クローズアップ現代+「刑務所が“終(つい)の住みか”に!?~“おひとりさま”が危ない~」の再放送と動画の見逃し配信

5月21日(火)のクローズアップ現代+は「刑務所が“ついの住みか”に!?~おひとりさまが危ない~」が放送されました。


一人暮らしの高齢女性が万引きなどの罪を繰り返し、何度も刑務所に戻って来るケースが増えているのだという。

さらに今、刑務所で一見、介護施設のような光景が広がっているという。

認知症のリハビリを受けている76歳の女性は2度目の服役

3年前、刑務所で認知症と診断された。

介護などを頼れる家族もいない

刑務所ならお金に困ることなくご飯も食べられ介護も受けられる。

それゆえ、罪を犯すことを止めらない。

刑務所が対の住処になっている!?

笠松刑務所では5人に1人が65歳以上

認知症の受刑者も少なくない。
認知症の人は集団行動が難しいと言われている。

執行猶予中にふたたび万引きした75歳の女性

出所後わずか6日間で万引きと置き引きを繰り返した。

デパートの販売員をしながら子供2人を育て上げたが、夫とも離婚し、現在は子供とも疎遠。
頼れる家族もいない。

これまで懸命に働き、子どもを育てあげた主婦。

その晩年が一人で刑務所ではあまりにも悲しい。

これらの原因として

困難の連鎖
社会的孤立

が挙げられる。

出所しても安心して暮らせる社会ではないことが何度も犯罪を繰り返してしまうケースにつながる。

なかなか簡単に解決する問題ではないが一人ひとりが「ひとごと」ではなく自分にも起こりうる事態の1つとして真剣に考えることがまず第一歩なのではないかと番組では提案された。

背景にある独り暮らしの高齢者の急増

おひとりさまの高齢者

困窮している人

生きづらさを抱えている人が増えている。

さらに家族と疎遠になったり、近親者の死去により

認知症が進んでも誰も気づかない事態。

「おひとりさま」が安心してくらせる社会について考える。

衝撃だったのが、高齢者が万引きする理由の第1位が「節約のため」だったということ。

節約のための万引きしなければならないという現実。

さらに刑務所が介護施設のようになっていること。

「ここ(刑務所)がいい、ありがたい」

という高齢者の声が生活に困窮したおひとりさまの現実を物語っていた。

「刑務所が“終(つい)の住みか”に!?~“おひとりさま”が危ない~」はU-NEXTで見逃し動画を配信中!(※放送日より2週間限定

クローズアップ現代+の見逃し配信を見るには?

クローズアップ現代+の見逃し動画は放送翌日より2週間限定で配信されます。(※権利等の関係で配信されない回もあります)

1話108円で単品で視聴するか、NHKオンデマンドの見逃し見放題パックでまとめて視聴することもできます。

以下よりU-NEXTに初回登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント!

※U-NEXTで配信されているNHKオンデマンドを利用して視聴できます。

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間トライアル実施中!

※この記事の情報は2019年2月23日時点でのものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。

-NHK クローズアップ現代+