暮らしのネット活用術

動画配信サービス、ネット買取サービス、ネット投資など暮らしに役立つ情報をお届けします

日本ドラマ

「家売るオンナ」第2話感想・ネタバレ 1~2話の見逃し動画を見る方法

2016/10/08

7月20日「家売るオンナ」の第2話が放送されました!

三軒家万智はどんなに渋っているお客にも家を売りさばいていくスーパー営業ウーマン。第2話は一体どんな手法で家を売ったのでしょうか?

今回のお客は60代の夫婦。夫婦には20年間顔を合わせたことのない40代半ばの引きこもりの息子(ビビる大木)がいました。

最初は万智たちは2人暮らしと言っていた夫婦。しかし家に入ると万智は「本当に2人暮らしか?」と夫婦に詰め寄ります。

そして万智は突然「火事だー」と叫びます。するとなんと2階から男が下りてきたのです。

よくよく話を聞くと、夫婦は20年間も引き込もっていた息子のために、今住んでいる一軒家を売って安いマンションに引っ越し、お金を息子に残したいとのことです。だから夫婦の新規マンションの予算は高くても2500万円まで。

しかしてテーコー不動産としてはもっと高い家を売りたいと言うのが本音です。

そんな夫婦の話しを聞いた万智。

普通なら引きこもりをやめさせる家を提案するのが営業としては正解なのかもしれませんが、万智が提案したのは100歳まで引きこもれる家です。

一体100歳まで引きこもれる家ってどんな家なのでしょうか?

万智が提案したのは、2つの部屋の購入。もっともそれでは夫婦の予算は大幅にオーバーです。

なぜ2部屋なのか?

2つ購入して1つを賃貸として貸し出すのです。お金として残してもそれは増えることはなく減っていってしまう一方。あっという間に引きこもりだけ では貯金も底をつき夫婦が亡くなったあとは息子は自分で外に出てお金を稼がなければいけなくなります。しかし40代なかばまで20年間も引き込 まった中年のおじさんを雇ってくれる会社などありません!と万智はきっぱりと現実を突きつけます。

しかし賃貸運営をすれば、継続的に賃貸収入が入ってくるため100歳まで引きこもれるというのです。

その後息子は引きこもり大家とのブログが大ヒットし、夫婦も息子も満足、万智も当社の売り上げ目標を達成し、めでたしめでたしというストーリーでした。

なかなか面白かったですよ。

また1話2話まで放送されてもう1つ話題なのがイモトアヤコ演じる新人営業員シラスミカと、千葉雄大演じる足立です。

イモトアヤコは仕事もやる気なく、恋愛や美容に興味ありの今どきの女子を演じているます。

こういう役ってこれまで誰が見てもかわいい20代の女の子が演じるのが王道でしたが、イモトが演じることでものすごいリアリティーがでて本気でイライラする、ウザいと話題となっています。

逆にここまでいらつくのはイモトがちゃんと演技できているからでは?と逆に評価する声も上がっています(笑)

見ていると本当にどの会社にも1人は絶対いそうでかなりイラつきます!

でもこのヤル気ない女をいらつくからと言って万智が本気で厳しい扱いをしているのですが、これまでのぬるま湯教育では絶対にありえなかかったであろう成長を遂げているんです。これも万智の狙い!?

また2話では足立君がシラスミカにすかっと言ってくれました。

千葉雄大さんこれまではファニーフェイスを生かしたかわいらしい役柄が多かったように思いますが、家売るオンナではちょっと裏のある営業マンを演じています。

それがすごくいい味出していて超ハマっています。足立のことを気になっているシラスですが、いいように振り回されています。そこも面白いですね。

第3話にも期待です!

第1話・2話の見逃し配信

Huluでは「家売るオンナ」の見逃し配信をしています。毎週テレビ放送がされた後に最新話が追加配信されていきます。

7月21日現在1話~2話までが配信されています。

視聴方法はHuluにログイン後、家売るオンナを表示させ、観たいエピソードを選択すればすぐに視聴できます。

Huluは会員登録後2週間は無料トライアル期間となり無料で視聴できます。

>>Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

※上記情報は2016年7月21日現在のものです

-日本ドラマ