暮らしのネット活用術

ドキュメンタリー好きによるおすすめ番組紹介。動画配信サービス、ネットサービスなど暮らしに役立つ情報をお届け

NHKスペシャルの再放送・動画配信

NHKスペシャル「スペース・スペクタクル はやぶさ2の挑戦」の再放送や見逃し動画の配信は?Nスぺ新宇宙シリーズ放送開始!

2019/04/21

2019年2月22日小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの着陸に成功しました。

地球から3億4000万km離れたリュウグウへ向かって「はやぶさ2」が旅だったのは2014年12月。

リュウグウとは地球と火星の間をまわる小さな天体です。

およそ4年かけて目的の地へ到着しました。

2018年9月には「はやぶさ2」に搭載した小型探査ロボットがリュウグウに着陸し、写真撮影にも成功!

そして2019年2月には「はやぶさ2」が1回目の着陸成功と、次々と快挙を成し遂げています。

2019年3月17日9時からのNHKスペシャル「スペース・スペクタクル はやぶさ2の挑戦」では櫻井翔さんがナビゲーターとなり、その快挙の裏の知られざるドラマを放送します。

3億キロかなたのはやぶさ2から送られてきた生の信号をJAXAが解析、そのデータをNHKが映像化するシステムを共同で開発。
探査機の動きや揺れ、かたむき、背景の星や太陽、岩の大きさまで忠実に再現。
番組では、その3億キロ先の着陸の最新映像を初公開する。
さらにはさぶさ2のミッションに次々と襲い掛かる想定外の事態。
それらをいかに乗り越え着陸に挑んだのか、その様子を密着映像とともにドキュメントする。

放送時間・再放送

本放送
2019年3月17日夜9時~

再放送
2019年3月22日(金)午前1時00分~1時49分(21日深夜)

見逃し動画
配信がスタートしました!
NHKオンデマンドや動画配信サービスU-NEXTにて放送後2週間視聴することができます。(3/31まで)

通常1話216円ですが、お得な視聴方法として、以下のリンクよりU-NEXTに初回会員登録しますと、視聴に使える1000円分のポイントがもらえます。

そのポイントを使って視聴することができます。

※配信は終了しました。

Nスぺ『スペース・スペクタクル』第一弾「はやぶさ2の挑戦」

NHKスペシャルの新宇宙シリーズ『スペース・スペクタクル』

その第1弾はプロローグ「はやぶさ2の挑戦」です。

伝説の探査機「はやぶさ2」が2019年2月22日、小惑星リュウグウに着陸しました。

世界中を驚かせている快挙ですが、そこには数々の試練がありました。

はやぶさ2がリュウグウに到着すると、その星には”着陸できる場所”がなかったのです!

そこからどのようにして突破口を開いていったのか?

NHKはJAXAと共同開発した『可視化システム』により本物の飛行どおりに完全・映像化!

歴史的な快挙を、ドキュメントと超リアルCGで描きます。

4つの想定外

想定外1 着陸場所がない!
リュウグウは予想以上に岩だらけで着陸場所がありませんでした。
それは絶望に近いレベルでした。
そこで事態を打開するためにプロジェクトメンバー100人以上が集結。
比較的岩の少ないところを着陸候補地へ。
あたらな打開策に向けて動き出すも第2の想定外が襲います。

想定外2 リュウグウが黒すぎた!
はぶさ2は降下中、急上昇!はやぶさ2は光で距離や高度をはかりますが、リュウグウがあまりにも黒く反射光がこなかったため、高度を読み取れなかったのです。
そこで反射する光で目印となるターゲットマーカーを投下!

想定外3 はずれちゃった!
しかしターゲットマーカーが投下目標位置から外れてしまったのです。
はやぶさ2はターゲットマーカーを目印に降下するので、これは一大事態です。

想定外4 たった6m
なんとか着陸地点を見つけ出したものの、そこはたった6m!
当初は100mの平坦な場所を想定していたものが、わずか6mの着地地点となってしまいました。

どうやってこれらの想定外を乗り越えたのか?

さらに次なる試練が!
2月21日着陸前日。コンピュータの数値に問題が。

中止するのか決行するのか?

いよいよ着陸ドキュメントへ!

はやぶさ2のこれまでの軌跡

2014年12月 種子島宇宙センターより打ち上げ

2018年6月27日 「はやぶさ2」がリュウグウ上空20㎞地点のホームポジションに到着

その後、1年半かけてリュウグウに滞在し、観測。

これまでリュウグウがどんな姿をしているのかなどの詳しいことはわかっていませんでした。

しかし、はやぶさ2から送られるリュウグウの映像はどれも未知の景色ばかりでした。

ゴツゴツとした固い岩、デコボコとした地表

非常に厳しいリュウグウ表面の状況の中、タッチダウン地点を探る議論がおこなわれてきました。

2018年9月12日 タッチダウンリハーサルで予期せぬできごとが。
降下中、自動的に降下を停止し、上昇を始めてしまったのです。

予期せぬトラブルの中、チームは議論と慎重なリハーサルを重ねます。

2018年9月22日 探査機「はやぶさ2」から分離された探査ロボット「ミネルバ2-1」2台が小惑星「リュウグウ」に着陸。

小惑星に降りた世界初の移動式探査ロボットとなりました。
さらに小惑星表面で自動的に移動し、写真撮影をしたのも世界初となりました。

2019年2月22日 小惑星探査機「はやぶさ2」がリュウグウに着陸
表面に弾丸を打ち込み、石や砂を採取することに成功したとみられています。

今後の予定
2019年4月 高速印パくたーという飛翔体を飛ばし、リュウグウの表面にクレーターを作成
2019年5月 内部が露出したリュウグウに着陸し、内部の物質を採取する

2020年末 帰還予定

はやぶさ2のミッション

リュウグウには46億年前の水や有機物が今いまでも残っていると考えられており、太陽系のなりたちや生命の起源を解明する手掛かりになると期待されています。はやぶさ2の目的はリュウグウのカケラを取り、地球に持ち帰ること。往復6年の大冒険となります。

見逃し動画について

見逃し動画はU-NEXTで配信中!

以下より登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント!

※配信は終了しました。

-NHKスペシャルの再放送・動画配信