暮らしのネット活用術

動画配信サービス、宅配サービス、ネット投資、ネット買取サービスなど暮らしに役立つ情報をお届けします

日本映画

「ゆれる」あらすじと感想 おすすめ日本映画

2015/03/08

映画「ゆれる」を見ました。面白かった~。オダギリジョー、香川照之主演。2人の演技とストーリーに引き込まれました。
2006年の映画で監督は西川美和。女性監督です。

yureru

田舎に残る兄と東京で写真家として成功している弟の兄弟の関係性を1つの事件を通して浮き彫りにしていきます。

いつもやさしくてまじめで人のよさそうな兄とちょっと尖っていて今どきのイケメンで世渡り上手な弟。

弟の猛は東京で写真家として成功し、母の葬式にも顔を出せなかったが、1周忌の法事に兄から誘われ久しぶりに法事で帰省していた。

兄の稔は田舎で父と二人暮らし。実家のガソリンスタンドで働き、家に帰れば炊事洗濯、父の相手、その上彼女もいない生活を送っている。そのガソリンスタンドでは猛の元彼女で幼馴染でもある千恵子が一緒に働いていた。
いつもにこやかに接してくれる千恵子に35歳独身の稔はひそかに好意を抱いていた。

一方弟の猛と千恵子は以前付き合っていて、千恵子は一緒に東京に行けばよかったという後悔と今でも猛への思いを持っている。

母の葬式にも顔を出さず、久々に帰ってきた弟の猛に父は文句をいい、親戚一同いる前で2人は言い合いをしていまします。
そこへすかさずわって入るのが兄。「猛ももうやめなよ。お父さんも飲みすぎ!おばさんも飲ませすぎ!」(このシーンなんかリアルで笑ってしまいました。)
法事などで親戚にお酒をついでまわり、感じいいよくできたお兄ちゃんだね~というようないわゆるいい人の兄。

そんな久々に帰ってきた弟に兄は千恵子ちゃんを誘って渓谷へ行こうと誘い、3人で渓谷へ行くことに。兄は弟と千恵子の関係をうすうす気づいています。

そこの吊り橋の上で思いもよらない事件がおきてしまいます。

稔が普段から自分に感じよく接してくれていると思っていた千恵子の肩に危ないよと手を置いた時に「触らないでよ!」ときつく言われ、生理的に拒絶されてしまうのです。
そこでなにかがプツンと切れたように千恵子ににじり寄る稔。
それを遠くから見ていた弟。

その後千恵子は吊り橋から下に落ち、遺体として発見されます。

稔は千恵子を落としたのか、それとも落ちてしまったのか?

その後の裁判を通して今まで兄弟の言葉にしてこなかった関係が浮き彫りになっていきます。

そして最後の弟の衝撃的な証言でクライマックスに入っていきます。

この映画は観る人によっていろんな解釈ができると思うし、謎解きのように楽しむこともできる映画なのでこれ以上は書かないでおこうと思います(笑)

映画のタイトルのように、兄弟の関係性もゆれていくし、観客としての自分自身の気持ちもゆれていくそんな映画です。

ラストも人ぞれぞれいろんな解釈があると思います。監督自身も見る人によって解釈が違ってくるラストと言っているようです。

正解があるわけではないと思うのですが、自分なりの正解を見つけたくなる映画です。

-日本映画