暮らしのネット活用術

動画配信サービス、ネットサービスなど暮らしに役立つ情報をお届け。ドキュメンタリー好きによるおすすめ番組紹介

NHKスペシャルの再放送・動画配信

NHKスペシャル 平成史「安室奈美恵 最後の告白」の再放送予定は?動画の見逃し配信を見る方法と放送内容を紹介!

2019/04/10

激動の「平成」30年を振り返る、NHKスペシャル・シリーズ「平成史スクープドキュメント」
2019年1月20日放送の第4回では「安室奈美恵 最後の告白」が放送されました。

NHKスペシャル 平成史U-NEXTで配信中!

昨年9月、平成を代表する歌手・安室奈美恵さんが引退。

平成の歌姫と言われ、激動の時代を生き抜いてきたトップスターの突然の引退発表。

「いったいなぜ?」

真実を自身の口から最後に語りたい。

その思いで実現したのが今回のNHKの独占インタビュー。

今まで引退の真相についてその詳細を語ることがなかった彼女が、引退の直前の単独インタビューで語ったこととは?

放送されると、これまで語られなかった「引退の真実」が多くの反響を呼びました。

ここでは20日放送の番組内容の概要とともに再放送予定や見逃し動画の視聴方法についてご紹介します。

再放送予定・見逃し動画

再放送
2019年4月14日(日)午後4時10分~4時59分
の再放送が決定!

再放送まで待てない、再放送も見逃してしまったという方は見逃し動画をU-NEXTで配信中です。

1話216円(3日間)の「単品レンタル」もしくは、「特選見放題パック」で視聴することができます。
以下のリンク限定でU-NEXTに登録するとレンタル作品の視聴に使える1000円分のポイントがもらえます。

そのポイントを使って平成史スクープドキュメント安室奈美恵 最後の告白」の回を視聴することができます。

その際、NHK特選見放題パックに申し込むと、見放題対象の過去のNHKの番組を見放題で視聴することができます。(※1000円分のポイントが使えます。詳しくは以下のU-NEXT NHKオンデマンドをご確認ください。見放題パックに入らず、安室さんの回のみ単品レンタルも可能です。)

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間無料トライアル実施中!

デビューしていきなり大スターへ

1993年、小室哲哉さんとタッグを組み、デビュー曲でいきなり存在感を見せつけた彼女は、その後も100万枚を超える大ヒットを連発。

19歳の若さでトップスターへ上り詰めた。

まさに時代は平成の始め。まだ世間がバブルに浮かれている頃だった。

彼女のファッションをまねるアムラーという女性たちが街にあふれ社会現象に。

その頃の気持ちをインタビューで尋ねられた安室さん。

「次から次へと新曲を歌い、敷かれたレールの上をきちんと走ることに集中していた。
失敗してはいけないと余裕がなかった。」

ヒット曲を連発

デビューから数年、まだバブルの面影を残す日本では
みんなでカラオケで歌って踊れるノリのいい曲が人気だった。

安室奈美恵さんのダンスミュージックも人気を博し、平成7年~9年、一時代を築いていく。

それは小室哲哉さんによって戦略的に生み出されたヒット曲

サビの部分を転調して繰り返す、ヒット曲を生み出す手法を惜しげもなく使った楽曲だった。

人気絶頂での妊娠、出産

1997年平成9年、人気絶頂を迎えていた安室奈美恵さん。

彼女の最大のヒット曲「CAN YOU CELEBRATE?」もその頃の楽曲。

そしてそのころ驚きのニュースが日本中を駆け巡る。

安室奈美恵さん、20歳での妊娠、結婚発表。

人気絶頂にもかかわらず1年間の産休を取ることも発表された。

ちょうどその頃はバブルも影を潜め、山一証券や大手銀行の破綻など平成不況が深刻化していた。

CDの売り上げも右肩下がりに落ち込み始めていた。

そのような時代を反映してが、音楽シーンにも若いシンガーソングライターが登場。

とくに世間に衝撃を与えたのが宇多田ヒカルさんの登場。

自身で作詞作曲し、繊細な内面をうたい上げた楽曲は多くの人々の共感を呼んだ。

安室さんに楽曲を提供していた小室哲哉さんも新生代の音楽の登場に衝撃を受けたと言う。

これまで時代の最先端をいっていた自分が古いものになっていくという衝撃。

産休、そして復帰

人気絶頂で産休、出産の時、安室さんはまだ20歳だった。

1年間は「焦り」があったという。取り残されていくような不安。

そのような中で、自分がこれからどうしたらいか一歩引いて自分を見つめることもできた。

そして1年後に復帰。

しかし、小室さんとタッグを組んでも以前のようなヒット曲が出せなくなり、タッグを解消。

そこからが本当の始まりだった。

模索時代

自分がどのような曲を歌えばいいのか?

どう探せばいいのかがわからない。不安でしょうがない。

みんな気に入ってくれていないのではないか。

歌手として生き残っていくにはどうしたらいいのか?

そんなことを考え試行錯誤していた時代。

そんな苦しい時代に最愛の母の死、そして離婚してシングルマザーになるなど人生のさまざまな出来事があった。

再起への苦悩と模索

そんな彼女に転機が訪れたのは2003年、平成15年。

AIさんなどアメリカ帰りのクリエーターやミュージシャンたちとともに音楽に携わる中で感じたこれまでにない気持ちを感じるようになっていた。

それはワクワクドキドキ感

音楽はもっと自由だ、という気持ち。

そして平成の世の中も時代に反応するように音楽シーンも急速に変わっていく。

無料の動画、音楽配信サービス。

音楽は携帯端末で楽しむ時代になっていた。

自分の好きな音楽を追及

しかし、平成最後の10年、安室奈美恵さんが選んだ道はあえて時代の逆をいくような道だった。

安室さんが自分の居場所として選んだのは「コンサート」

コンサートをしている自分が1番楽しかった。

時代の流れと違っても自分が1番楽しい道を行く。

引退の真相

そして番組の最後に引退の本当の理由を話し始めた安室奈美恵さん。

(引退することに対して)最後に背中を押したものとは?という問いに

「ファンの皆さんの中にいい状態の安室奈美恵を残してほしい。」

そして7年前に声帯を壊していたことも告白。

声がうまく出ない。声帯ををこわしてしまった不安があった。

そのような気持ちをテレビの前で初めて語りました。

ラストステージ

安室奈美恵さんがコンサートで最後に歌った曲は16年ぶりに小室哲哉さんが書き下ろした新曲だった。

25年間をちゃんと悔いなくやりきった。

そう語る安室奈美恵さんの顔はすがすがしく充実感にあふれていました。

放送を見て

安室奈美恵さんの25年の歴史を振り返るにふさわしい充実した内容のドキュメンタリーでした。

今回のドキュメンタリーはこれまでほとんど触れられることのなかった安室奈美恵さんの母の死、離婚などについても少しではありますが、きちんと触れていたのが印象的でした。本当にすべてをさらけ出した内容となっていました。

まさに激動の平成という時代とともに歩んできた安室奈美恵さん。

苦労はあったものものはたから見ると順風満帆なアーティスト人生に見えましたが、そこにはものすごい苦悩と葛藤があったことがわかりました。

安室さんの生き方にこれほどまでに多くの女性が共感することにあらためて納得しました。

動画はU-NEXTで配信中!

平成史スクープドキュメント「安室奈美恵 最後の告白」はNHKオンデマンドや動画配信サービスU-NEXTなどで視聴することができます。

1話216円で単品でレンタル視聴することができます。

U-NEXTでもNHKオンデマンドと提携しており、「NHKスペシャル 平成史」を視聴することができるのですが、以下のリンクからU-NEXTに登録すると視聴に使える1000円分のポイントをもらえるので、お得に視聴するにはU-NEXTを利用するのがおすすめです。

NHKオンデマンドが見れて1000円分のポイントがもらえるのはU-NEXTだけ!

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間無料トライアル実施中!

※このページの配信情報は2019年2月5日時点でのものです。変更となる場合がありますので、最新の情報はU-NEXT公式サイトでご確認ください。

 

-NHKスペシャルの再放送・動画配信