暮らしのネット活用術

ドキュメンタリー好きによるおすすめ番組紹介。動画配信サービス、ネットサービスなど暮らしに役立つ情報をお届け

NHKスペシャルの再放送・動画配信

NHKスペシャル シリーズ「子どもの“声なき声”」第2回 “不登校”44万人の衝撃の再放送と動画の見逃し配信

2019/06/17

NHKスペシャル 全2回で放送されるシリーズ「子どもの声なき声」

5月30日(木)放送の第2回は中学生の本音に耳を傾け「不登校」について生放送で考える「“不登校”44万人の衝撃」が放送されました。

今、不登校の子供が増え続けている。

最新の調査では年間30日以上欠席の中学生は10万8999人。

学校には行っても、教室に入ることができない、保健室ですごす、学校が毎日つらいと感じている隠れ不登校の生徒は33万人

不登校予備軍を合わせると44万人の中学生が学校生活に苦しんでいるという現状。

子どもたちにとって学校とは何なのか?

再放送・見逃し配信

現在、再放送については未定です。
NHKスペシャルに関しては、しばらくすると再放送される可能性は高いので、NHK番組サイトなどでご確認ください。こちらでもわかりましたら更新予定です。

見逃し動画に関してはU-NEXTにて配信中です。

以下より登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント中!

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間トライアル実施中!

放送内容

隠れ不登校44万人。

最新の調査で、8人に1人の子供が学校に対してつらい苦しいと感じていることが分かった。

今回、広島県の中学校が1年にわたって取材に応じた。

教室にいることが苦しくなり、校長室に駆け込んだ生徒。

体が重くなり、印刷室で一人自習する生徒。

トイレにいけないという生徒。

教室に入ることができない理由は親にも話していない。

このような生徒の苦しみに向き合おうとする先生もいる。

とはいえ、毎日生徒との十分な対話は難しく、

不登校の理由も様々で1人1人対応するのが難しい。

理由を聞いても答えてくれない

ということも多い。

LINEアンケート調査

LINEのアンケートで2000人の子どもの声を聞くことができた。

学校が嫌になった理由として挙げられたのは以下のようなものだった。

クラスに友達がいない

からかわれる

授業がわかりいくい

先生が友達のウソを信じた

課題が多くて終わらない

みなと同じことを強制されるのが無理

心を許せる人がいない

スクールカーストがある

本当に原因はさまざまだった。

また番組では生放送で生徒たちの声が集まった。

校内フリースクール

広島県での取り組みも紹介された。

校内フリースクール

同じ年齢ではなく、年齢はバラバラな生徒が自由に一緒に学ぶ。

同じ年齢でないことで気持ちが楽だという生徒の声があった。

このように学校の在り方を見直そうという動きが出てきているのはいいことだと思う。
ただ、まだ対策に取れる時間も十分ではなく、子供の現状にまったく追いついていないように感じた。

見逃し動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTで配信されているNHKオンデマンドを利用して視聴できます。

詳しくはこちら>>U-NEXT 31日間トライアル実施中!

※この記事の配信情報は2019年6月3日時点でのものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。

-NHKスペシャルの再放送・動画配信